レビトラ錠の偽造品の個人輸入

2017年01月14日

レビトラ錠の偽造品の個人輸入に注意

インターネットで手軽に購入できる「レビトラ錠」は、偽造品と思った方が安全です。
国内でED(勃起不全)治療薬を製造・販売している4社(ファイザー株式会社、バイエル薬品株式会社、日本新薬株式会社、日本イーライリリー株式会社が、2010年に、個人輸入で通販出来る、バイアグラ、レビトラ、シアリスを世界中から輸入した結果、55.4%が偽装品でした。

この中で、東南アジアから輸入したED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスは、なんと75%が偽装品なのです。

現在、2016年12月では、どのように変化しているのでしょうか?
これは、推測でしかないのですが、反社会的勢力の資金源とのなっているので、85%を超えていると思われます。


偽物レビトラの製造現場は不衛生

中国の偽物ED治療薬製造工場中国の偽物バイアグラ製造工場
中国が偽物レビトラの製造拠点とされておりますが、衛生的には、ひどい環境で造られています。
健康の事は、全く考えていません。金儲けしか考えていない事が現状です。

偽造レビトラ錠製造現場の一例

偽造レビトラ錠の製造現場で作られた錠剤には不純物が混入し、品質管理上にも問題があります。 バイエル薬品をはじめとする製薬会社4社合同で調査を実施し、インターネットサイトからED治療薬を購入しました。購入したED治療薬の真偽を鑑定し、含有成分について化学分析を行った結果、40%が偽造品でした。正規品と偽造品は、一見しただけでは真偽判定が難しいのが実情です。外箱や包装シートが本物のように見えても、品質が保証されているわけではありません。 海外から持ち込まれる偽造レビトラ錠は、知的財産権を侵害するものです。偽造品の国内への持ち込みは禁止されています。

引用元:EDネットクリニック:偽造レビトラ製造現場の一例

このような、環境で製造されているレビトラを輸入して服用するのは、自殺行為と言えます。


偽物レビトラの見分けも困難

インターネット上で見分けは、無理です。使用されている写真は、本物のレビトラの写真を使っているためです。
ネット上で見分けがつかないのに、実物を見た事のない人が、届いたレビトラを本物か?偽物か?見分けが付く訳がないのです。疑心暗鬼のまま、服用して勃起したから本物と思う方が、99%でしょう。

  • ED治療薬の偽造品がネット上に出回っていることを使用者全体の9割以上が認識
  • ネット購入者の75%が偽造品と本物を自分では区別できないと思うと回答
  • 自分がネットから購入したED治療薬は本物だと思うと約9割が判断
  • ネット購入者の多くは偽造品による健康被害のリスクを認識せずに薬を使用
  • 4割がネットから購入したED治療薬で副作用を経験、その際に9割が副作用を放置

引用元:ED治療薬使用者の購入ルートによる偽造品への意識・実態の違いを調査


レビトラの偽物を個人輸入する5つの問題点

レビトラの偽物を個人輸入する1つ目の問題点

レビトラの偽物を個人輸入する問題点に、レビトラの偽物がネット上に出回っている事を9割の人が認識しているのに、なぜ購入してしまうのかです。手軽に購入できることも大きな理由の一つですが、「病院に行く暇がない」「病院に行くのが恥ずかしい」大きく分けると、この二つです。

レビトラの偽物を個人輸入する2つ目の問題点

ネット購入者の75%が偽物と本物の区別がつかないのに購入している問題は非常に危険です。冒頭でも記載して通り、ネット上の写真は、「99%本物の写真」を使用しています。写真では100%区別がつきません。ここで購入してしまう理由は、偽物レビトラの起こり得る危険性を全く考えていない点です。

例えば、自動品のロレックスの時計と、正規品の時計を区別できない方が殆んどと思います。100万する時計をインターネットで購入しますか?健康被害が、全くない高価な時計は購入しません。しかし、4錠で5000円程度の、見分けのつかないレビトラは、安易に購入する傾向があります。「5000円だからいいか!」こんな考え方の方が殆どです。自分の命のを5000円の偽物か?本物か?分からないレビトラに託すのでしょか?非常に危険なので区別がつかないのなら輸入しない事です。

レビトラの偽物を個人輸入する3つ目の問題点

個人輸入したレビトラを90%の人が本物だと思ってしまう問題点。
何故偽物レビトラを本物と思い込んでしまうのでしょうか?これは、届いたパッケージに信頼性を感じてしまう点が1つです。コピーを作る天才の中国の職人がパッケージをそっくりそのまま作っています。バイエルの担当者でも分からないパッケージがあってもおかしくないです。

パッケージで安心して、服用した方が思う事は、「勃起したから本物」これが、偽物レビトラを服用した方々の感想なのです。

レビトラの偽物を個人輸入する4つ目の問題点

ネット購入者の多くは偽造品による健康被害のリスクを認識せずに薬を使用してしまう問題点は、非常に危険です。
「3つ目の問題点」で記した、「勃起するから本物」と思い込んでしまっているのが問題です。では、本物のレビトラを服用した時の副作用の知識があるのでしょうか?全くないと思います。偽物販売サイトに書かれている、副作用を見て、頭痛、目のカスミなどを参考にしているのでしょう。

中国のレビトラの成分は、バルデナフィルをまねて作っています。製法などは全く無視し成分の含有量も無視しています。

もし、上の写真の工場で造っていると分かれば、購入しないでしょう。しかし、個人輸入されているレビトラ錠の偽物の85%は、このような工場で造られています。しかも、バイアグラの偽物を作った後にレビトラを作ったりしますので、見た目は、レビトラで成分は、粗悪なバイアグラなども発見されています。

個の偽物を服用して死亡している人もいることを認識してほしいです。

レビトラの偽物を個人輸入する5つ目の問題点

4割がネットから購入したED治療薬で副作用を経験、その際に9割が副作用を放置している問題点は、正規品のレビトラ錠でも副作用は、あります。しかし、偽物レビトラの中には、正規品に含まれていない成分が沢山入っています。偽物の副作用で報告されているのが、「激しい頭痛」「視界が黄色に見える」「視界が青色に見える」「激しいめまい」「鼻つまり」「目の充血」「顔のほてり」などです。持病の薬と飲み合わせが悪いと重篤な状況の陥る可能性が高い危険な毒薬と言っても良いでしょう。

正規品のレビトラ錠は、5時間程度の効果が期待されております。副作用も5時間から6時間程度でなくなります。しかし、偽物レビトラ錠は、6時間以上たっても頭痛がしたり、視界が黄色く見えたり、青く見えたりしたら偽物と思い、医師に相談するのが賢明な行動となります。

個人輸入は、自己責任です。自分の命を、5000円程度の本物か?偽物か?分からないレビトラを服用して、救急車で運ばれたらどうします?

相当困る男性は居ると思います。ある男性は、「セックスと仕事は家には持ち帰らない」こんなタイプの男性は、緊急入院なんてしたら、浮気がばれてしまいます。偽物レビトラ錠で、家庭崩壊を招かないようにして下さい。


偽物レビトラ錠を販売してるサイトの特徴

偽物レビトラ錠を販売しているサイトの見分けかたを纏めてみました。レビトラの写真は、本物なので見分けはつきません。

①:特定商取引方にもとづく表示が、シンガポール・タイ・香港などの会社住所になっている。または、表記が無い。

②:商品の発送される国、シンガポール・タイ・香港から発送される。
  

③:レビトラの正規品個人輸入代行店リスト、このような業者リストに載っているショップは危険。異常なくらい、正規品をうたい文句にキャッチフレーズを記載してます。

④:しらじらしく病院を進めているサイト。

レビトラをはじめて使用される方はやはり、個人輸入を利用する前に

病院へ行き医師の診察を受けてからのほうが良いでしょう。

引用元:レビトラの個人輸入でYahoo検索した結果

この検索結果の中で、クリニックは、病院で処方なので本物のレビトラですが、他のサイトのほとんどは偽物です。


インド製のレビトラジェネリックの偽物も販売されている問題

インドの後発医薬品のレビトラの場合は、本物と偽物の区別はつきますので簡単に説明します。
インドの薬なのに、シンガポール・タイ・香港などから商品が届いた場合は偽物です。注文する前に発送国を7確認するのが安全かと思います。

「特定商取引方にもとづく表示」がインドの住所の場合は、100%本物です。インドに会社がありインドから輸出してくれるショップは安全と言っても良いでしょう。

中国で製造された、レビトラ、バイアグラ・シアリスのジェネリック薬品は、インド国内に持ち込めない為です。

病院で診察できない理由がある方は、インドのレビトラのジェネリックを個人輸入するのが良いです。私が利用しているショップは、薬を箱に詰める薬剤師の免許証のコピーが入ってます。また、インド政府からの医薬品の輸出許可証が入っていますので100%本物のジェネリックED治療薬を個人輸入できます。


インド製のレビトラのジェネリックを個人輸入する場合は、一度確認してみてください。

ホーム » レビトラの偽造品 » レビトラ錠の偽造品の個人輸入
a